克服のヒント

誰もが『オリジナルの自分』だ

過去は変えられない。

だからこそ、ああすれば良かった、こうすれば良かったと考えてしまう。

これも1番のストレスになる原因。

だと分かっていても考えてしまう。

じゃあ、過去を「悔やむ」のではなく、『振り返る』という考え方にすれば、前向きでポジティブなニュアンスになると思う。

じゃあ、次はこうしよう、ああしようと、たとえその時だけだったとしても、その繰り返しは癖になって過去を悔やむことは無くなってくるはず。

これまでのあなたが無駄になってない訳

これまでのあなたは、実は何一つ無駄なことなんてない

「過去の後悔を悔やんでばかりで何一つ進歩がない。」と、あなたは思ってるかもしれないけど(私もそう)、それでいい。そのままでいい

なぜなら、それがあなたが歩んできた『オリジナルなあなた』だからだ。

では、「はい」か「いいえ」で答えてください。

『この世界中にあなたが生まれた時から全く同じ人生を歩んできた人はいますか?』

それが、あなたが『オリジナル』な理由です。

そのままのあなたでいい

私もへなちょこ主婦だし、気分循環性障害という病気持ち。

あなたもどこかでそういうへなちょこな部分て必ずありますよね。

でも、それをそのままでいいなんて、これっぽっちも思ってなくて、むしろ理想と戦って苦しんでる。

苦しみすぎて、一時期人生をリタイアした時もあっただろうし、リタイア中のあなたもいるはず。

それでもいい。

やれる時がきたら、また戦えばいいと思う。

私だって、今は戦えてるけど、またリタイアする時が来るんじゃないかって不安はついてまわっている。

でも、そうはなりたくはないから、たとえ怠けてると思われても、休むようにしてる。頑張らないようにしてる。

だから、今のあなた自身を解釈して、それでいいと思う。

自分を知ること」は、自分をいたわることの始まりだから。

そしたら、前に進める

今の社会は、忙しい。急かされる。

だから、追われて何も見えなくなってしまう。って誰かが言ってた。

そんな中でも、自分のペースを守って貫くことは、とっても大切だ。

周りの目が気になるし、付いて行かなきゃってなるのが普通。

でも、それじゃあ誰にとっても良くない。

この世界で全く同じ人なんていないんだから、それぞれの時間の感じ方やペースがあって当たり前

誰もが『オリジナル』なのだから。

ゆっくり生きましょう。

ここから生きましょう。

1分1秒が濃くなっていくのが分かります。

量より質ということです(^-^)

最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)

キャンパスにあなただけの人生を描こう