克服のヒント

メンターは何も人間だけとは限らない

『メンター』。

最近は、その人がなりたい理想像。憧れの存在で、その人のお手本とする人。というニュアンスで使われてる気がする。

本来は、仕事上や人生での指導者や助言者の意味だけど、その意味も派生してきてるよね。

 

フォロワーさんとのやりとりの中で

私のTwitterのフォロワーさんにみろくさんという素敵な女性がいます。

昨夜の私の「今日のよかったこと3つ」のツイートからのやりとりからそれは始まったんだけど。

みろくさんがレスをくれて、それで私は(今育てているガーベラちゃん達がいるのですが)、「蕾も日に日に大きくなって、茎もしっかりしてきて、私もしっかりしないとなぁって気持ちにさせられます。ガーベラちゃん達は、今、身近な私のメンターかな。」

と、レスしたら、

と、まぁ素敵なアイデアを出してくれて…

と、自分の子どもに名前を付けるように、調べて調べて決めてリツイートし。

と、このアイデアというより、ひらめきかな?

毎日が楽しくなる「ポジティブThings」を生み出してくれて、とても感謝感謝だった。

みろくさん、ありがとう。

 

そういうわけでメンターはあなたのそばにいる植物でもいい

こういったやりとりをした中で私は、

◆ メンターの対象は、人でなくてもいい。

◆ 身近にある存在がより自分の成長率を上げてくれる。

◆ このあげた2つが確かなものにしてくれた。

だから、私のように育てているお花でもいいし、玄関先に巣を作ったツバメでもいい。

雑草魂というように、アルファルトから生え出している草だっていい。

あなたにパワーを与えてくれる何かなら…。

 

そして、そのお礼に私なら、ガーベラちゃん達一株一株に名前を呼んで、話しかけて、毎日お水をあげて、時には肥料をあげて感謝する。

日々大きくなる蕾やしっかりした茎

 

日に日に大きくなる蕾にパワーをもらいます

 

最後まで読んでくれてありがとう。