ao*27 Life Design Labo 
うつは『Twitter』&『読書』で克服できる
克服のヒント

ワンオペ家事の恐ろしい終焉

家事をバカにしてるのかと思った。

ワンオペ家事の卒業?!

先日、10連休の時にやった断捨離&片付けとフルパートでかつワンオペ家事の疲労の蓄積がたたり、体調を崩した。

フルパートになる際に、ワンオペ家事は無理があると夫には伝えておいたが、3ヶ月経ってもなんの変化もない。

今回、体調を崩してこのままではまずいと察し、夫にけっこうな勇気を出して、この事をどう考えるか聞いた。

「まずは夜の洗い物は担当していきますよ。少しは早く寝れるでしょう。」

が、返事だった。

さっそく、その日の夜から担当してもらうことにした。

予想は的中する恐怖

夫は帰りが遅い日が多い。

しかし、私は夫が言い出したことだし、洗ってしまおうかと手が動きそうになった時もあったが、心を鬼にして帰りが遅い日もやらなかった。

実際、担当してやらないと、家事の大変さはわからないからだ。←とは、言っても「夜の洗い物」だけだけどね。「まずは…」と言ってたことだし、最初の一歩的なもので私も心を広く持つことにした。

しかしだ!!

帰宅して、シンクにたまりにたまっている洗い物を見て、ため息と舌打ち。

LDKに居る私には丸聞こえだ。

最初に聞いた時には、耳を疑ったけど、やっぱりかってのはあったよね。

それと、同時にとても悲しく残念な気持ちになった。

私よ!心を強く持て!

夫は、結婚当初から、なにかを頼むとイヤな顔するのがお約束で、それが嫌だと私が言っても、「それでも頼んで欲しい」とか、「頼られないのは悲しい」という矛盾きまわりない人で(誰だって嫌な顔されたら頼まないですよね?)、今回みたいなシチュエーションは何度もこれまであったのですが、私がやってしまうことで事なきを終えた訳です。

でも、それで精神的な病気とお付き合いしていくことになり、2週間も不眠が続いたり、ずっと死にたいって考えてたりなどと酷い状態が続いた時期があって。←原因はこれだけじゃありませんが。

それでも、ここまで8年かかってやっとここまできたのに…元には絶対に戻りたくないから…回復して来たからこそ、自分を守らなきゃ!とため息つかれても、舌打ちされても、その攻撃を受けるのではなく、かわそうとしました。

でも、その攻撃も今の私よりも勝ってる時があって、その時は別の部屋へ逃げたりしました。

で、家事をバカにしてるのかの話

私の言いたい事を言わせてもらうと、事情を話して夫も納得して(芯からは納得してないね)、担当すると言ったのに、私が居るところでそういう態度をとるのはいかがなものかと。

仮に、疲労感半端ないとか、洗い物が多いとかの理由で、単にため息や舌打ちをしていたとしても、私の居るところでやるべき態度ではないのは明白だ。

はっきり言うと、それが私の大きなストレスだし、病気を酷くする原因の1つには間違いない。

数え切れない(と、いっても私は夫からすると怠慢主婦なのでそんなにやっていないと映るんだろうけど)家事がある中の1つしか担ってないのに、それくらいでため息、舌打ちとは、家事をバカにしてるのかと思わざるを得ない。

私だって、フルパートで仕事はしてるし、子どもの送迎、夜の洗い物以外の家事全部をやってる。

思うときりはないけど、断捨離&片付けを私がひたすらやってた時だって、部屋にこもってゲームをひたすらずっと勤しんでた。

そういう人には、家事をこうして、あーしてとは今後一切言われなくない。

今まで散々言われてきたから。

やらないで、言うのは、簡単だ。

誰にでもできる。

ま、ここまで来たら変わらないからさ〜、

夜の洗い物は、やってもらうよ。

ため息つこうが、舌打ちされようが。

私が変わるよ。

自分を守るために変わるの。

もうちょっと強い心を持つことが必要かな。

それは、訓練して。

あとは、現状維持。

ダメな時は逃げる。

夫の理想に添えられなかったことは、申し訳ないけど、私は私だし、この時代、ワンオペ家事は無理だから。

それに、人生は一度きりしかないんだよ。

自分勝手、自己中。はい、どうぞ思ってください。

私は私を裏切れないし、殺せない。

私は私の唯一の理解者であり、味方だから。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事を読んで、不快に思われた方がいましたら、ごめんなさい。